肝臓の数値 γ-GTP とは?

血液検査のγ-GTPって何?

人間ドックや健康診断では血液検査もおこないますが、その結果を見てもよく分からないという人も多いのでは?例えば、γ-GTP などです。どんな数字を指すものなのかサッパリですよね。

ojeudkxe.jpg

この数値は、

  • アルコール性肝障害
  • 肝管ガン
  • 肝ガン
  • 急性肝炎

などが潜んでいると数値が高くなります。さらに γ-GTP はアルコールにとても敏感なので、お酒をよく飲んでいるという人もこの数値が高くなりやすいですね。

もし診断の結果を見て特に異常がないと分かったとしても、普段からよくお酒を飲むという人は、特に γ-GTP の数値に注意をしましょう。


平均的な数値はいくつ?

kliendx.jpg

アルコール性の肝臓障害の診断で、血液検査というのはすごく重要で、γ-GTP の平均的な数値が分からなければ自分でも注意をしようがありません。

もちろん検査は、1つの項目だけを注意するのではなくて、他の項目とも合わせて確認することが大切です。γ-GTP の平均的な数値は、男性と女性で異なり、

  • 男性が 50IU/l 以下
  • 女性が 30IU/l 以下

となっています。この γ-GTP の数値だけが高いという場合は、アルコールが関係をしていることが多いです。再検査となったら禁酒をして、それで数値が正常に戻るようなら問題はないでしょう。

この数値が低ければ低いほど、肝臓に負担がかかっていなく健康な状態であると言えます。検査の結果、平均値よりも高く再検査が必要だと言われたのに、「面倒だ」、「まだ大丈夫だろう」と思って再検査や治療をせず放置をしておくと、肝機能が低下をしたり症状が悪化してしまうことも。

ですから再検査は必ず受け、必要なら治療も受けるように心がけてください。


γ-GTPが高いのは肝臓が悲鳴をあげている証拠

ymewodzd.jpg

γ-GTP の数値が高いということは、それだけ肝臓に負担がかかっているということです。肝臓は沈黙の臓器と言われますが、定期的に血液検査をしておけば、症状が現れるよりも前に肝臓の異変に気が付くことができます。

症状として何かしらの異変を感じた時には手遅れになっていることもあるので、人間ドックや健康診断を受けるということはすごく大切なのです。また γ-GTP だけでなく、AST(GOT) や ALT(GPT) の数値にも注目をすることが大切です。

この2つも

  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 肝ガン
  • 心筋梗塞
  • 筋肉疾患

が潜んでいると数値が高くなることがあります。つまり肝臓の異常を早期に発見する方法として、血液検査では、

  • γ-GTP
  • AST(GOT)
  • ALT(GPT)

の数値がポイントになるのです。ちなみに AST(GOT) と ALT(GPT) の基準値は次の通りです。

  • AST(GOT) : 35IU/l 以下
  • ALT(GPT) : 35IU/l 以下

肝臓の機能をアップさせよう

γ-GTPの数値が気になるという場合、禁酒をしたり休肝日を作ったりすることも大切なのですが、日頃から肝臓の機能をサポートするような食べ物を食べたり、適度な運動を心がけることが大切です。

ただ γ-GTP というのはお酒の影響だけでなく、脂っこい物をよく食べるという人も数値が高くなりがちです。もしお酒もあまり飲んでいないのに γ-GTP の数値が高いという人は、食事内容を見直してみましょう。

saragobe.jpg

そこで積極的に摂りたい成分には、

  • タウリン
  • オルニチン
  • EPA、DHA
  • スルフォラファン

などがあります。タウリンは肝臓の機能をサポートしてくれるものとしてとても有名ですが、EPAやDHA、スルフォラファンも肝臓の元気の素になるものです。

このうちスルフォラファンは聞きなれない言葉で知らない人も多いのでは?

スルフォラファンの効果・効能については、こちらに詳しく説明しているサイトがあるのでご覧ください。=> スルフォラファンとは?

ちなみに食品ですと、ブロッコリーやキャベツ、カリフラワー、ケールなどに多く含まれています。

ベストなのはブロッコリースプラウトですが、食事で補うことが難しいという人もいるでしょう。そんなときは、スルフォラファンを効果的に摂取できるサプリメントがオススメです。

カゴメ株式会社 スルフォラファン サプリ公式ホームページ
http://shop.kagome.co.jp/


肝機能を高める食品とは?

肝機能を高める成分として、タウリン、オルニチン、EPA・DHA、スルフォラファンがあると説明しましたが、これらはどのような食品に含まれるのでしょうか?

まずタウリンはアミノ酸の一種でカキ、サザエ、ホタテ、ハマグリ、タコ、イカなどの魚介類に含まれています。

オルニチンはシジミが有名ですが肝機能向上が期待できるタウリン1㎎を摂取したいとなると、なんとシジミを100gも食べなくてはならないのです。

毎日シジミを100gも食べるのは大変ですからタウリンに関してはサプリで摂取した方がよさそうです。EPA・DHAもおなじみの成分です。

魚に多く含まれますが本マグロでしたら切り身5枚分、イワシ、サンマ、アジなどは丸ごと1尾食べるといいでしょう。このほかにマダイ、ブリ、サバなどにも多く含まれていますから刺身の盛り合わせなどで摂ることができますね。

あまり聞きなれないスルフォラファンはアブラナ科の植物に多く含まれる成分です。ブロッコリー、キャベツ、大根などです。

この他に食事の基本ですが高たんぱく低カロリー、高ビタミン、高ミネラルはマストです。肝臓にいい成分だからといっても食べすぎは肝臓に負担をかけてしまいます。

揚げ物など脂っこいものは避け、腹8分目まで。消化を助けるために食後少し横になるなどして休息できるといいですね。


おすすめのサプリをご紹介

1位

レバリズム-L

オススメ度 ★★★★★

アミノ酸オルニチンをたっぷり含んだ静岡県産しじみエキス、タウリン・亜鉛を含む岡山県産牡蠣エキス、千葉県産スクワレンを使用したサプリ。テレビで紹介されて以来、注文が殺到しているため、購入がむずかしくなっています。


30日分
通常価格 5,980円(税込)
初回モニター価格 980円(税込)


2位

肝パワーEプラス

オススメ度 ★★★★☆

広島県産牡蠣、栄養も段違いな長野県産ジャンボにんにく、そして紀州産南高梅を使用した20年以上も前から愛され続けたステラ漢方の看板商品。品質、安全性を証明するハイクオリティ認証を受けているので安心して続けられます


30日分
通常価格 4,860円(税込)
お試しセット(5袋) 980円(税込)


3位

カゴメ スルフォラファン

オススメ度 ★★★★☆

カゴメが作った肝臓の元気の素となるスルフォラファンが30mg(ブロッコリーなら1株分)摂れるサプリです。発芽からエキスの抽出、サプリの製造まで一貫して国内で生産しているから安心して選べますね。


30日分
通常価格 4,628円(税込)
初回半額 2,314円(税込)


4位

国産しじみエキス

オススメ度 ★★★☆☆

明治18年頃以来、製法を守り続けて130年。オルニチンを化学的に抽出したサプリとは違い、ミネラルの豊富な国産の天然やまとしじみを使い30時間手作業でじっくり煮詰めエキスを抽出している日本最古のサプリメントです。


30日分
通常価格 4,900円(税込)
初回半額 2,450円(税込)


5位

やわたの「しじみの力」

オススメ度 ★★★☆☆

「やわた」が試行錯誤を繰り返し作り上げた「しじみの力」。使用している黄金しじみは、大きさやカルシウム、ビタミンA、亜鉛などの栄養価でも優れ、さらに肝臓をサポートする肝臓エキスを300mgも配合したサプリです。


10日分
通常価格 2,160円(税込)
初回半額 1,080円(税込)


6位

みやび【鮫肝 DHA&EPA】

オススメ度 ★★★☆☆

DHA、EPA、α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)を摂りたいならコレ。深海鮫、オリーブ、亜麻仁油、クリルオイルなどの良質な油から生成したサプリメント。肝臓だけじゃない!サラサラ成分があなたの生活習慣をしっかりサポート。


約30日分(120粒)
通常価格 1,851円(税込)
定期コース 1,666円(税込)



薬やサプリに頼らない体づくりも

肝機能を改善するには、どんなことをすれば良いのでしょうか?

それはずばり、生活習慣を変えることです。肝機能に限らず、体の不調は生活習慣を変えることで毎日を元気に過ごすことができるのです。

毎日よく眠れてすっきり起きられていますか?なんとなく疲れが残ったりしていませんか?

このような状態は質の良い睡眠が取れているとは言えません。また、お酒が好きで毎日飲む人も注意が必要です。「少しなら・・・」ではなく飲まない日、つまり休肝日を作って、時には肝臓を休ませてあげてください。

薬を長期間飲んでいる人も肝臓に負担をかけています。薬に含まれる添加物は消化されずにドンドン肝臓に蓄積されるからです。

多くの薬は治すというより症状を抑えるためのものです。長期間薬に頼っているなら、体を根本的に治すためにも体質改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?

それから喫煙です。喫煙は直接肝機能と関係はありませんが、健康に悪いですから、これを機に禁煙してみてはいかが?

さて、食生活は肝機能にいいものだけではなくバランスのとれた食事にすることが大切です。肝臓に良いからといって、しじみばかり食べていても肝臓の数値は良くなるかもしれませんが、ほかに不調なところが出てしまっては意味がありません。

何を食べたら良いのかわからないなら、昔ながらの質素な日本的な食事にすること、選ぶことをおすすめします。

そして最後にストレス。ストレスは様々な病気や体調不良を引き起こす原因になりますから、自分なりのストレス解消法をみつけてストレスを溜めないようにしてください。

ドライブや旅行、たまには映画を見るのもいいですね。大好きな趣味があれば、それに没頭するのも良いでしょう。

また、軽い運動もストレスの発散に役立ちます。普段、エスカレーターやエレベーターを使う人は階段を歩いたり、休日にちょっと散歩したりといった軽い運動から始めてみましょう。

これくらいなら仕事が忙しい人でもできますよね。ですが張り切りすぎて途中で嫌になってしまっては本末転倒です。苦にならず楽しむくらいが理想ですね。

更新情報