ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型

γ-GTP > 肝臓の病気 > ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型

ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型

体の中で毒素を分解することや食事からの栄養分を体が使用しやすいように調整してくれる働きのある肝臓は沈黙の臓器と表現されることがあるように病気になっても自覚症状に乏しい特徴があり、風邪を引いた時のように喉が痛いということや熱が出るなどの症状が見られないことから知らない間に病気が進行してしまっていることもあります。

肝機能が低下してしまうような肝臓病の病気の一つにウイルス性の肝炎があり、これはウイルスが原因となって起こる病気になりますが、ウイルスの種類によって肝炎はいくつかのタイプに分けられます。

A型の肝炎であれば比較的早めに治りますが、B型やC型になると慢性肝炎と進んでしまい、それから肝硬変や肝ガンなどを発症してしまうリスクを高めることになので注意が必要です。

ただし、B型やC型に発症する人の割合は少なく発症しても長期的な治療が必要になることは少なく2カ月程度の入院だけで治療をすることができるようになっています。

進行が進んでいても自覚症状に乏しいことから気付かないうちに症状が進行してしまっていることも多いのが特徴の病気ですが、ウイルス性の肝炎は血液検査でγ-GTPが異常値を示すことによっても症状の可能性を疑うことができます。

肝臓はさまざまな役割を担っているので他の内臓に比べても負担がかかりやすい場所になっているものの、自分では状態を把握することが難しい場所でもあるので日頃から健康診断を受けて健康状態をチェックする必要性もあります。


ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型関連ページ

お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を
お酒が好きな日本人はたくさんいますが、毎日の晩酌が欠かせない人がいる一方で社会人になってからの付き合いで仕方なくお酒を飲んでいるという人もた...
自覚症状に乏しい肝臓ガン
肝臓は体内の中でもっとも大きい臓器になり、正常な場合はアルコールや医薬品を分解して毒素を排出する役割や食事の栄養分を体内で使用することができ...
肝機能低下に伴う肝硬変
肝硬変は肝臓ガンのきっかけになることも多い病気の一つですが、ガンというのは遺伝子系の病気であり、細胞が変異することによってガン細胞が生まれて...
ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型
体の中で毒素を分解することや食事からの栄養分を体が使用しやすいように調整してくれる働きのある肝臓は沈黙の臓器と表現されることがあるように病気...