肝機能低下に伴う肝硬変

γ-GTP > 肝臓の病気 > 肝機能低下に伴う肝硬変

肝機能低下に伴う肝硬変

肝硬変は肝臓ガンのきっかけになることも多い病気の一つですが、ガンというのは遺伝子系の病気であり、細胞が変異することによってガン細胞が生まれて正常な細胞を蝕んでいくことによって正常な働きをしなくなるという病気です。

肝硬変になるのは突発性というよりも肝臓を酷使した結果であることが多く、いきなり肝臓が硬化してしまうことはあまり多くありません。

肝臓は再生することができる優れた能力を持っている人間の臓器の一つですが、それ故に負担がかかりやすい場所でもあり、生成能力を超えるほど酷使する状態が続いてくると本来もっている肝臓の働きが抑制されるようになり、結果的に硬化してしまうことに繋がります。

icmeiokm.jpg

硬化してしまった肝臓の表面には凹凸が見られるようになり、組織そのものが硬くなってしまうことで十分に働くことができなくなってしまい発症してしまうと元の状態には戻らくなってしまいます。

多くは生活習慣が原因で発症すると言われていますが、肝臓の機能が元々弱い人は生活習慣がきちんとしていても肝臓が硬化してしまうことがあります。

肝硬変は自覚症状が乏しいと言われているものの、いつもと違う体の変化は起こるのが普通で手のひらが赤くなることや手が震える、白目や皮膚が黄色くなってしまうなどの症状が見られることもあります。

肝硬変の検査はエコーやCTなどが一般的となりますが、少しでも疑いがある場合は積極的に検査を受けて自分の体の状態を知ることも大切です。


肝機能低下に伴う肝硬変関連ページ

お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を
お酒が好きな日本人はたくさんいますが、毎日の晩酌が欠かせない人がいる一方で社会人になってからの付き合いで仕方なくお酒を飲んでいるという人もた...
自覚症状に乏しい肝臓ガン
肝臓は体内の中でもっとも大きい臓器になり、正常な場合はアルコールや医薬品を分解して毒素を排出する役割や食事の栄養分を体内で使用することができ...
肝機能低下に伴う肝硬変
肝硬変は肝臓ガンのきっかけになることも多い病気の一つですが、ガンというのは遺伝子系の病気であり、細胞が変異することによってガン細胞が生まれて...
ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型
体の中で毒素を分解することや食事からの栄養分を体が使用しやすいように調整してくれる働きのある肝臓は沈黙の臓器と表現されることがあるように病気...