お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を

γ-GTP > 肝臓の病気 > お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を

お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を

お酒が好きな日本人はたくさんいますが、毎日の晩酌が欠かせない人がいる一方で社会人になってからの付き合いで仕方なくお酒を飲んでいるという人もたくさんいます。

お酒はたばこと違って適度に飲むのであれば健康に良いと言われることもありますが、肝臓に対しての影響は大きいので過剰に飲用すると肝臓病のリスクを高めてしまう可能性があるという点にも注意が必要です。

飲酒が肝臓に対して与える影響は大きいというのは古くから知られていることでしたが、これはアルコールを分解するのが肝臓であることが理由として大きくあります。

geucese.jpg

たくさんアルコールを摂取すればそれだけ肝臓もたくさん働くことになるので負担は自ずと増えることになります。

また、アルコール性の肝障害からアルコール性の肝硬変に繋がることも少なくなく、肝硬変になってしまうと肝機能は著しく低下することになり、そこから細胞が変異して肝ガンに繋がることもあります。

ちなみにアルコールが原因で肝機能が低下している場合や肝臓病を発症している場合はγ-GTPが高い数値を示しやすい特徴があるので、これによっても飲酒量を計る要素として参考にすることができます。

治療の方法としては直接的にお酒を断つことが有効な方法で節酒ではなく断酒をすることがアルコールによって発症してしまった肝臓病の治療に必要なことになります。

肝機能の低下にいち早く気付くことができるようにするためにも日頃から検査や健康診断をきちんと受ける習慣を身につけましょう。


お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を関連ページ

お酒をよく飲む人は、アルコール性の肝障害に注意を
お酒が好きな日本人はたくさんいますが、毎日の晩酌が欠かせない人がいる一方で社会人になってからの付き合いで仕方なくお酒を飲んでいるという人もた...
自覚症状に乏しい肝臓ガン
肝臓は体内の中でもっとも大きい臓器になり、正常な場合はアルコールや医薬品を分解して毒素を排出する役割や食事の栄養分を体内で使用することができ...
肝機能低下に伴う肝硬変
肝硬変は肝臓ガンのきっかけになることも多い病気の一つですが、ガンというのは遺伝子系の病気であり、細胞が変異することによってガン細胞が生まれて...
ウイルス性の肝炎 A型、B型、C型
体の中で毒素を分解することや食事からの栄養分を体が使用しやすいように調整してくれる働きのある肝臓は沈黙の臓器と表現されることがあるように病気...