成長ホルモンを促すアルギニン

γ-GTP > 肝臓に良い成分 > 成長ホルモンを促すアルギニン

成長ホルモンを促すアルギニン

肝臓機能が低下する原因にはいろいろありますが、ウイルスが原因となって起こる肝炎による肝機能低下が多く、特にBやC型の肝炎になると慢性化してしまうことによって症状が長期的になり、知らない間に負担をかけることで肝硬変のリスクや肝ガンのリスクを高めていることがあります。

沈黙の臓器と言われることだけあって疾患があっても自分では症状を把握することができないことも多いのが怖いところですが、少しでも異変を感じる場合は無理をしないで早めに医療機関にかかって診察してもらうことをおすすめします。

yoieew.jpg

ちなみに肝臓に疾患がある場合や肝機能が低下している場合の対策としてアルギニンを摂取するという方法があり、アルギニンというのは体内に入ることで肝臓が毒素を分解する差にサポート的な役割を果たすことや成長ホルモンの分泌を高めることによって肝臓の再生を促すことができます。

肝臓に疾患がある場合はγ-GTPの数値が高いことが多く、これによって肝臓の疾患があるかどうかの判断をすることができるようになっていますが、この数値が高いということは肝細胞の働きが極端に衰えていることや死んでしまっていることも考えられます。

アルギニンはこうした症状に対しても一定の効果が期待できると言われていますが、最近はアルギニンがたくさん含有されているサプリなども多く販売されるようになっており、体に必要な分を必要なだけ摂取することができるようになっています。


成長ホルモンを促すアルギニン関連ページ

成長ホルモンを促すアルギニン
肝臓機能が低下する原因にはいろいろありますが、ウイルスが原因となって起こる肝炎による肝機能低下が多く、特にBやC型の肝炎になると慢性化してし...
肝臓の生成を促すタウリン
肝臓は再生することができる人間の臓器で、その多くを事故によって失ってしまったとしても自己再生をすることができる働きがあります。 しかし、その...